澤穂希選手、現役引退に際して

カテゴリ:

サッカーの澤穂希選手が現役引退を発表しました。
中学3年から日本女子代表に選ばれ、日本のみならず世界の女子サッカー界を長年けん引してきました。2011年FIFA女子ワールドカップ初優勝に導き、得点王とMVP。その年のFIFA最優秀選手賞(バロンドール)を、アジアのサッカー選手として初めて受賞しました。2014年にはアジアサッカー連盟殿堂入り。澤選手の栄光の足跡を記すと、とても紙面が足りません。2008年オリンピック北京大会でチームメイトに言った、「苦しいときは私の背中を見て」という言葉は、今でも忘れられません。
澤穂希選手、これまで大変お疲れさまでした。私たちにたくさんの夢を贈っていただき、ありがとうございました。

 

sawa_msg.png

 学研教育みらい発行の副読本『中学体育実技』2016年版に、澤選手から中学生へのメッセージをいただき、掲載しました。「最後まで絶対にあきらめない気持ち」-体育・スポーツを学ぶ中学生の心に響く、素晴らしいメッセージです。中学生が、澤選手の功績と背中を見ながら、豊かなスポーツライフを送ってくれることを心から願っています。

 

 

 

 

2015年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ