カテゴリー: お知らせ

今日は、お知らせを一つ。

公益財団法人 精神・神経科学振興財団 睡眠健康推進機構が、
「すいみんの日」制定5周年記念 絵と作文のコンクールを開催しています。
対象は、全国の小・中学生となっています。
保健学習のまとめとして取り組むのも、よいのではないでしょうか。

詳しくは、公益財団法人 精神・神経科学振興財団 睡眠健康推進機構の
「ねむりんねっと」をごらんください。

作文ロゴ.png

 




 

カテゴリー: お知らせ , 保健体育 , 道徳

 

みらいへの教科書カバー.png
『みらいへの教科書~きみと・友だちと・よのなかと~』刊行しました。

 最近、「いのち」が軽視されていると感じられるできごとが目につきます。時代が激しく変化し、多様化したライフスタイルの中、その変容に「生き方」の指針が追いついていないように感じます。
 それに加えて、子どもたちの成長過程において遊びや生活を通じて様々な実体験をするという場も少しずつ失われていき、「いのち」の大切さを実感する機会が減っていることも心配です。

 聖路加国際大学准教授の菊田文夫さんは、同大学名誉学長である日野原重明さんとともに、全国各地の小学校で「いのちの授業」を実施し、「いのち」や「生き方」、「平和」などについて子どもたちが真剣に考える機会を提供しています。

 そうした経験をもとにまとめられたのが、3月3日に発売された『みらいへの教科書~きみと・友だちと・よのなかと~』です。
 本書は、「楽しく生きる」「いのちの使い方」「仲間とともに生きる」「決め方の工夫」「けんかの流儀」「自然から学べること」など11のテーマで、みらいを生きる子どもたちに是非とも考えて欲しいことが示されています。
 本書執筆にあたっての思いについて菊田先生は以下のようにおっしゃっています。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
いま、私たちは、いつでもどこにいても欲しいと思った品物やサービスを簡単に手に入れることができます。しかし、私たち一人ひとりが幸福感に満たされた人生を歩んでいるとはとても思えないのです。それはなぜでしょうか。私たちは、経済活動を高めることによって、幸せな生きかたを手にできると信じ込み、すべての人びとにとって暮らしやすい社会をつくるための政治や、この世に生を受けた意味、自らの生きかたについて問い続ける哲学を軽んじているような気がしてなりません。
 それでは、生まれてくることができて本当によかった、と私たちが思えるような世の中をつくりあげていくためには、どうすればよいのでしょうか。未来を生きる子どもたちに、その答えを見つけてもらいたいと強く願って、私はこの本を書きあげました。社会の間違っているところを正して、平和な世界を築いていくために、素直で正義感あふれる子どもたちの力が必要だと思うのです。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 みらいを生きる子どもたちはもちろんのこと、子どもたちと関わる大人の皆さんにも、ぜひとも読んでいただきたい1冊です。


『みらいへの教科書~きみと・友だちと・よのなかと~』
(書籍の購入はショップ.学研から)

カテゴリー: お知らせ

今日は、教育ICTに関するカンファレンスのお知らせです。

学研グループでは、教育ICTを通じて「学校」「家庭」「塾・予備校」に向けた価値の提供を目標にして取り組んでいます。
その一環として、
『教育ICTカンファレンス2015 ~学校・家庭・塾 それぞれの教育ICTへの取組と課題~』
と題して開催することとなりました。

「学校」「家庭」「塾・予備校」、それぞれの領域でトップを走っている団体・企業様が一堂に会し、講演や事例発表、トークセッションなどを行います。
概要は、次のとおりです。

**********
◎開催日:2015年(平成27年)3月28日(土)
◎時 間:13:00~17:00
◎場 所:学研ビル3階ホール(東京都品川区西五反田2-11-8)
◎登壇者(予定;敬称略)
  東北大学大学院教授 堀田龍也
  デジタルハリウッド大学院専任教授 佐藤昌宏
 【学校】
   公立/東京都品川区
   公立/千葉県柏市
   私立/広尾学園
 【家庭】
   ベネッセコーポレーション
   Z会
 【塾・予備校】
   栄光
   市進ウイングネット
   学研エデュケーショナル

◎プログラム(敬称略):
 ■ オープニングセッション
 ■ 基調講演
   ・東北大学大学院教授 堀田龍也
   ・デジタルハリウッド大学院専任教授 佐藤昌宏
 ■プレゼンテーション(事例発表)
 ■トークセッション(異業種パネルディスカッション)
◎定 員:300名 ※定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
◎参加費:無料
**********

 

くわしくは、下記リンク先をご覧ください。
(参加のお申し込みもリンク先からできます)
教育ICTカンファレンス2015のページ

カテゴリー: お知らせ , 道徳

 文部科学省のホームページに、道徳に関連する新学習指導要領(案)が公開されました。
「学校教育法施行規則の一部を改正する省令案等に関するパブリックコメント(意見公募手続)の実施」の中で、新たに教科になる道徳についての改正案が掲載されています(他教科は道徳に関わって改正しようとする箇所が掲載されています)。
パブリックコメントのページはこちら(電子政府の総合窓口サイト)


「内容」では、現在の「視点1~4」から、名称と順番が変わります。
 A 主として自分自身に関すること
 B 主として人との関わりに関すること
 C 主として集団や社会との関わりに関すること
 D 主として生命や自然、崇高なものとの関わりに関すること
 現在の「視点3」と「視点4」の順番が入れ替わることになります。
 また、それぞれの価値項目に、「善悪の判断」、「相互理解、寛容」、「公正、公平」などの「キーワード」がつけられます。学研では現在でも指導書などでキーワードをつけて解説していますが、教科化が導入されてからは文科省による名称を使用していくことになります。
「評価」に関しては、数値によるものではなく記述によるものが望ましいことであることが確認され、引き続き検討が続けられます。

 教科化の導入は、小学校が平成30年4月1日、中学校が平成31年4月1日と示されています。このタイミングで、現在の副読本から教科書へと切り替わることになります。それまでの数年間は、副読本と『私たちの道徳』や各都道府県で作成している教材などを使用することになります。

 学研では、学研版副読本と『私たちの道徳』を併用して使っていただきやすいように、いろいろな書籍や資料を発行していますので、ぜひご利用ください。
(1)書籍『やってみよう!新しい道徳授業』で、『私たちの道徳』の活用事例を紹介
(2)副読本の指導書(小学校版、中学校版)で『私たちの道徳』の活用案を紹介
(3)副読本(小学校版、中学校版)を採用していただいた学校に、学研版副読本と『私たちの道徳』の併用事例を紹介した冊子を配布

 

↓『やってみよう!新しい道徳授業』
 (書籍の購入はショップ.学研から、電子版の購入はブックビヨンドからどうぞ)

d1_082-083.jpg

カテゴリー: お知らせ , 体育 , 保健体育

世界65か国以上でダウンロードされているiPad、Android用スポーツ作戦ボードアプリVisionTacticsシリーズに、無料ビューワが加わりました。これで、有料版のVisionTacticsを持っていなくても、作成したデータをスマートフォンやタブレットで誰もが閲覧できることになります。
ファイルはメールやDropboxで簡単に共有できるため、チームや指導者間での情報共有も、さらに手軽にできるようになります。

VTVview.PNG

【iTunesプレビュー VisionTactocs Viewerページ】
https://itunes.apple.com/jp/app/visiontactics-viewer/id922436190?mt=8
【Google play ストアページ】
https://play.google.com/store/apps/details?id=air.jp.gakken_kyoikumirai.VTViewer

【VisionTactics情報ページ】
http://gakkokyoiku.gakken.co.jp/visiontactics/
https://www.facebook.com/VisionTactics

カテゴリー: お知らせ

今回はお知らせを。

「ICT夢コンテスト」をご存知でしょうか。
このコンテストでは、「ICTを活用して、地域で支えられる次世代の子どもを育む」を基本的な考え方として、ICTを多様に活用する授業実践をされている先生や、地域の教育活動の実践を募集しています。
応募期間延長のリクエストが多く寄せられたため、9月30日締切を10月10日締切に順延することとなったたそうです。
積極的なご応募とともに、ぜひお知り合いの先生方へご紹介もしていただければと思います。

コンテストの詳しい内容については、一般社団法人 日本教育情報化振興会のサイトをご覧ください。
http://www.japet.or.jp/Top/event/yume/

カテゴリー: お知らせ , 道徳

今日は、道徳に関するお知らせです。

みらいの道徳をつくる会では、道徳の『教科化』に関する質問を募集しています。

先にこのブログでお知らせした『やってみよう!新しい道徳授業』の執筆を担当した先生方が、道徳の教科化について回答をしてくださるようです。

現在、文部科学省の中央教育審議会で道徳の『教科化』についての審査が行われている最中で、正式に決定していないことがほとんどですが、素朴な疑問を感じていたり、困ったと感じていたりする先生もいらっしゃるのではないでしょうか。

みらいの道徳をつくる会のページへはこちらからどうぞ(外部サイト)

カテゴリー: お知らせ

今日はお知らせをひとつ。

一般社団法人教科書協会では、教科書の日キャラクターの名前を募集しています。
応募期間は、2014年6月10日まで。
教科書やキャラクターに関するクイズに答えて応募をします。
詳しくは、教科書協会のウェブサイトをご覧ください。

↓こちらのバナーからどうぞ

home-banner-special.gif

カテゴリー: お知らせ , 道徳
mirainokai20140321.png
昨年、好評のうちに第1期『みらいの道徳をつくる会』が幕を閉じました。その後、第1期の経験を基に第2期に向けての検討を重ねてきましたが、詳細が決まりましたのでお知らせします。


第1回『みらいの道徳をつくる会』


日時:2014年3月21日(金・祝)13:30~16:30(受付開始13:00)
会場:学研ビル 東京都品川区西五反田2-11-8
主催:みらいの道徳をつくる会
協力:株式会社 学研教育みらい
参加費:500円
申し込み・問い合わせ:みらいの道徳をつくる会事務局
メールmiraidotoku@gmail.com
電話03-6431-1565(事務局代行)
応募締切:3月14日


道徳の「教科化」が確実な情勢となり、先生方にとって貴重な場になるのは間違いありません。ぜひ一緒に学びませんか。
詳しくは、『みらいの道徳をつくる会』のブログをご覧ください。
カテゴリー: お知らせ

学研 学校教育ネットで、『運動が苦手な子も、発達が気になる子も「やったー!」を体感できる体育の授業のために』という連載記事を掲載したところ、多くの方から高い関心をお寄せいただきました。共生社会の形成に向けて、教育現場での関心が高まっていることを改めて感じました。

そこで本日は、関連した教育フォーラムをお知らせいたします。

博報財団が主催する、日本文化理解教育、国際文化理解教育、
特別支援教育など、様々な内容についてのフォーラムです。
今後の学校教育に関する様々な情報が得られます。

 

第11回博報教育フォーラム
「ちがっていること。ともに生きること。」

日時:2014年2月22日(土)12:30~18:30(受付開始12:00)
会場:日本工業倶楽部 東京都千代田区丸の内1-4-6
主催:公益財団法人 博報児童教育振興会
後援:文部科学省
参加費:【無料】
定員:200名
応募締切:1月31日必着 *定員になり次第締め切り

詳しくは、「博報教育フォーラム」のサイトをご覧ください。

2016年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ