みんなの道徳 平成30年用
小学校道徳教科書

みんなの道徳小学校1-6年みんなの道徳小学校1-6年 表紙について

学研の道徳教科書

読みたくなる考えたくなる話し合いたくなる学研の教科書 読みたくなる考えたくなる話し合いたくなる学研の教科書

編集の基本方針

プラス思考 未来志向 児童の自ら伸びゆく力を支えます

選び抜かれた教材と出会い, 道徳的諸価値についての理解をもとに,自己を見つめ, 物事を多面的・多角的に考え,自己の生き方についての考えを深める学習が, 今と未来をプラス思考でつなぎます。
広い視野をもち、志高く未来を創り出すために必要な資質・能力を児童一人一人に育むことを目指して、学研の『みんなの道徳』は、編集の三本柱を定めました。

道徳教育は、子供の活力ある豊かな生き方を生み出すために、自ら伸びようとする心の力を信じ、その根っこに働きかける教育です。
 今、その新しい扉が開かれようとしています。
 道徳教育の中核を担う道徳の時間が、新たな枠組みによって、より確かな指導が可能になる学習へと、その姿を変えようとしているのです。
 学研『みんなの道徳』は、道徳用副読本の先駆者として、長い歴史の中で、常に時代の空気が生み出す新鮮な題材を幅広く織り込みながら、充実が図られ、生まれ変わってきました。
 そして、このたび、平成三十年度から正式な教科となる「特別の教科 道徳」の検定教科書として、改正学習指導要領の趣旨をしっかりと踏まえ、長く積み上げてきた多彩な知見も生かしつつ、新たに編集されました。
 そこには、今までの確かな教材とともに、これからに生きる子供が向き合う題材や現代的な課題も数多く織り込まれ、その魅力が倍加しました。また、各教室での学習で、子供が自ら問いをもって主体的な追求ができるように、問題意識を生み出すしかけ、アクティブな活動の工夫、学びを広げるためのページなども用意されています。
 ぜひ、本教科書を直接手にされて、その良さを感じ取ってください。
 教科書『みんなの道徳』を活かすことによって、豊かな道徳的学びの場が様々に生み出されることを願っています。

東京学芸大学教授 永田繁雄

4つの観点みんなの道徳教科書の特色

編集の三本柱「みんなの道徳」編集の特色

主体的、対話的で深い学びの実現 主体的、対話的で深い学びの実現

多面的・多角的に考えられる教材 多面的・多角的に考えられる教材

幼児期、小学校、中学校…と続く成長を見据えた構成の工夫 幼児期、小学校、中学校…と続く成長を見据えた構成の工夫

「みんなの道徳」4つの観点

「考え、議論する道徳」の推進 「考え、議論する道徳」の推進

  • 自ら課題を見つける力を重視
  • 多様な学びの展開で「考え、議論する道徳」の実現を
  • 心に響き、生き方を深く考えさせる授業を生む
自ら課題を見つける力を重視

 『みんなの道徳』では、児童が自ら主体的に課題を発見し、解決する資質や能力を培うことを重視しています。
 そのために、主題名を本文と出会う前に記載しないなど、特定の価値観を押し付けることなく、児童の問題意識「問い」を大切にしています。また、問題解決的な学習の道筋を「学び方のページ」に提示しています。
 道徳の授業を起点として、児童一人一人が、自己を見つめ、自己の生き方についての考えを深めることができる構成・展開にしています。

  • 児童の問題意識を尊重し 児童自ら考えを深める工夫
  • より有意義な話し合いを

次の項目へ

多様な学びの展開で「考え、議論する道徳」の実現を
児童が物事を多面的・多角的に考えられるよう、多様で質の高い学習指導過程の創造を可能にする教科書

児童の多様な考え方や感じ方を大切にし、一人一人価値観が異なることを前提に他者と対話し、協力し合いながら、物事を多面的・多角的に考えることができるように工夫しています。
 異なる複数の意見を提示して比べて考えさせたり、「学びのページ」で自己の生き方についての考えを深めさせたりと、多様な学習指導過程の創造を可能にしています。

他者の意見をもとに 多面的・多角的に考える工夫

自ら考え, 友達と意見を交わし, 考えを深め, 広げるために,4種類の「学び方のページ」《深めよう》《つなげよう》《やってみよう》《広げよう》を設け, 多様な学習指導過程の創造を可能にしています。

多様な学びの展開を可能にする「学び方のページ」

次の項目へ

心に響き、生き方を深く考えさせる授業を生む

生命の尊さ,いじめの防止の重視 生命の尊さ,いじめの防止の重視

  • 「いのちの教育」を全学年の重点に
  • いじめを生まない力を引き出す
「いのちの教育」を全学年の重点に

学習指導要領の改訂の経緯や道徳科の目標を踏まえ、いじめ防止対策推進法の観点も取り入れて、生命の尊さを重んじています。
そこで、自立した一人の人間として人生を他者と共によりよく生きるための「いのちの教育」を、全学年にわたる最重点テーマに据えています。

学習指導要領の改訂の経緯や道徳科の目標を踏まえ、いじめ防止対策推進法の観点も取り入れて、生命の尊さを重んじています。
そこで、自立した一人の人間として人生を他者と共によりよく生きるための「いのちの教育」を、全学年にわたる最重点テーマに据えています。

次の項目へ

いじめを生まない力を引き出す
いじめを生まない力を引き出す多様な教材

 いじめ防止につながる教材を多数用意しています。児童の発達の段階を考慮し、いじめそのもの以外にも、他人を理解し、尊重することなど、幅広い視点から学習できる教材にしました。
それぞれの教材は、「登場人物の心情理解」に偏ったり、あらかじめ用意してある答えを探すことを目的としたりしたものではなく、答えが一つでない問いかけに対して、自己を見つめ、自らの心と対話しながら、自分なりの生き方を考えることを目的としています。

いじめを生まない力を引き出すために,さまざまな内容項目の教材により,自他の生命を尊重して,他者と共によりよく生きることについて多目的に考えられるようにしています。

次の項目へ

授業の可能性を広げる工夫 授業の可能性を広げる工夫

  • 一年間の学びのドラマを応援するストーリー性のある教科書
  • 授業が豊かになる教科書づくりの工夫
  • 他の教科等との関連を図り、道徳の授業を確かなものにする
一年間の学びのドラマを応援するストーリー性のある教科書
児童の心身の発達に応じて学びの過程を質的に高める一冊の構成

 『みんなの道徳』では、児童や地域・季節などの実態を踏まえ、一冊の始めから終わりまで、ストーリー性のある配列を施すことにより、学校の効果的なカリキュラムマネジメントを応援します。

道徳の学びの全体像をストーリー性をもって提示

道徳の学びの全体をつかみ, 1年間の見通しをもって学習を進めることができます。

 巻頭に自分を見つめるページ、巻末に一年間の学びを振り返るページがあり、一冊全体で一年間の自分の成長を感じられる、主体性や自尊感情を高める全体構成となっています。
二学年ごとに同じ構成にすることで、学年間のつながりも意識しています。

教材の工夫

自分で書き込んだ内容をもとに話し合いを行うことで、自分の考えを整理してから他者の意見を聞き、話し合うことができます。
また、学習の評価の際に役立てることも可能です。

次の項目へ

授業が豊かになる教科書づくりの工夫
道徳の学びへとスムーズに誘う工夫

教材に集中して学習が始められるように、すべての教材が見開きで始まります。

表紙をめくって最初のページでは、見開きいっぱいのダイナミックな写真に心を耕す言葉が添えられています。

色やマークを使用した取り組みやすさへの工夫

目次・教材番号・タイトル上部に配置するインデックスに、4つの視点がひと目でわかるマークとテーマカラーを使用しています。

色別のインデックスや取り組み方がわかるマークを使用し、児童が自ら学びたくなる工夫をしています。

環境にやさしく安全な教科書 児童の心に優しく届けるユニバーサルデザイン
  • 印刷には、環境に配慮した紙、植物油インキ、環境負荷の小さいCTP方式を採用しています。
  • 製本は、リサイクル性の高いPURのりを使用しています。
  • 活字は大きく、見やすい書体を使用しています。
  • 温かみのある紙、デザイン、色使いで、児童が抵抗なく学習に取り組めるように配慮しています。
  • ユニバーサルデザイン(UD)の考え方に基づき、より多くの児童へ適切に情報を伝えられるよう配慮した見やすいユニバーサルデザインフォントを採用しています。
  • カラーユニバーサルデザインに配慮して作成しています。
  • 理解を助け、児童が親しみをもてるさし絵を掲載しています。

次の項目へ

他の教科等との関連を図り、道徳の授業を確かなものにする

情報モラルと現代的な課題への対応 情報モラルと現代的な課題への対応

  • 情報モラルと現代的な課題への取り組みを促す
情報モラルと現代的な課題への取り組みを促す

表紙について

豊かな自然の中で, 季節の移り変わりと共に登場する子供たちの成長が感じられる表紙になっています。
さまざまな景色が子供たちの経験と重なり, 小学校生活が心豊かなものであることを願います。

デジタル教科書のご案内

もっと活発でチャレンジングな授業を実践したい場合には,
『みんなの道徳』デジタル教科書がオススメです。

主な特徴 主な特徴
  • さし絵や写真を大きく掲示することができます。
  • 教科書には掲載していないさし絵や写真も収録しています。
  • すべての読み物教材に朗読音声を用意しています。
  • 全教材のワークシートも完備しています。
動作環境

OS: Windows 8.1以降 ブラウザ: Internet Explorer 10以降 Adobe Flash Player: 最新版を推奨

2年サンプル版(PC版)を見る 3年サンプル版(PC版)を見る 6年サンプル版(PC版)を見る

パンフレット・資料ダウンロード

「みんなの道徳」教師用指導書のご案内

充実の教師用指導書1

授業を活性化するためのヒントをたくさんご用意しています。

すべての教材の学習指導案を
4ページで解説。
これからの道徳授業を提案します。

授業の可能性を広げるさまざまなアプローチ・授業づくりのポイントを整理して解説・評価のための指針を例示・教材研究にも活用可能

「主体的, 対話的で深い学び」を実現するために【アクティブに学ぶ】指導内容を提案しています。授業の展開例を示しながら, 板書例を提示。実際の授業がイメージできる板書案を, ビジュアルを使ってわかりやすく提示しています。授業の幅をさらに広げるために授業内容の系統性・発展性(各教科等)の関連を示しています。

充実の教師用指導書2

すぐに授業で役立つポイントを整理した赤刷りの指導書

『みんなの道徳』赤刷り指導書には、実際の授業で必要な情報を厳選して、わかりやすく掲載しています。

使える!と評判のワークシート

場面絵が入って児童にも好評のワークシート。心をひきこむ授業にぜひご活用ください。

充実の内容で授業をサポート

朗読CD

CDプレーヤーで再生できます。

デジタル素材集

プリントして板書に活用できます。

Copyright© Gakken E-mirai Co.,Ltd. All Rights Reserved.