PISA型読解力学習ノート

 
 
「活用力」をのばすための読解教材

●定価: 各学年本体352円+税

新学習指導要領で求められている「活用力」を育てるワーク。各回の問題は、ステップ1「基本的な読解の問題」とステップ2「活用力を問う問題」に分かれいる。順に問題を解いていくことで、文章や資料を読み取って、知識を活用し、表現する力が身につく。
目次を閉じる
◆説明文    ①文章から読み取った情報と自分の知識・経験を関連づけて考える
          ②文章と図表や絵などの情報を関連づけて考える
          ③文章から読み取った複数の情報を関連づけて考える
          ④文章から読み取った複数の情報を関連づけて考え、意見を構成する
◆物語・詩   ①物語や詩の内容に関連づけて、自分の考えを簡潔に表現する
          ②登場人物の行動や言動などの情報をもとに、人物を評価しながら読む
          ③二つの作品から読み取った情報を相互に関連づけて解釈する
          ④読み取った情報を自らの知識や経験と関連づけて、論理的に考える
◆その他    ①「新聞」「広告」「ポスター」「写真」「手紙」などの情報を正確に読み取る
          ②「新聞」「広告」「ポスター」などの情報を検討し、製作者の意図を探る
          ③話し合いの記録を読んで、「話すこと・聞くこと」の力を高める
【説明文】文章と絵の関係から考えよう
ステップ1
文章と絵の内容とを結び付けて読むことができるようにする。
ステップ2
文章と絵から読み取った情報をもとに、自分の考えをまとめる。
【物語文】二つの物語をくらべて考えよう
ステップ1
物語の流れを正しくとらえ、あらすじをまとめることができるようにする。
ステップ2
二つの物語から読み取ったことに対し、自分の考えをまとめることができるようにする。
【表】表を読んでを考えよう
ステップ1
二つの表が伝えようとしている内容を正しく読み取ることができるようにする。
ステップ2
表に示された内容を、生活に生かすことができる。
【ポスター】ポスターを読んで考えよう
ステップ1
ポスターが伝えようとしている内容を正しく読み取ることができるようにする。
ステップ2
ポスターに対する意見に対し、いろいろな角度から内容を考えることができる。
【話すこと・聞くこと】意見の言い方を考えよう
ステップ1
話し合いのときの適切な発言のしかたを理解できるようにする。
ステップ2
話し合いで、根拠のはっきりした意見を述べることができるようにする。