close

小学校 各教科・学校教育全般

みんなの安全と生活

学校での安全指導に活躍する!安全副読本
●定価: 児童用各本体352円+税,指導資料各本体1,429円+税

小学校の学年別安全教育用副読本。
文部科学省学校安全参考資料『「生きる力」をはぐくむ学校での安全教育』に対応。特別活動等での指導に活用でき,「自分の身を守る力」・「安全な行動のしかた」が身につきます。

目次

◆こんなとき,どうする? (災害時の避難、防犯、熱中症の注意)
1.1年生になりました (登下校時の安全)
2.学校の中で (学校内の安全)
3.学校ですごすとき (学校内の安全)
4.じょうぶなは (病気の予防)
5.そうじのしかた (作業時の安全)
6.あぶないよ (けがの原因・通報のしかた)
7.雨の日のあるきかた (登下校時の安全)
8.じてん車にのるとき (自転車の安全な利用)
9.バスやでん車にのるとき (乗り物の安全な利用)
10.本のつかいかた (情報)
11.火じやじしん (火災・地震の危険と安全な行動)
12.きれいになると気持ちがいいね (福祉・ボランティア)
13.ものをたいせつに (環境)

◆こんなとき,どうする? (災害時の避難、防犯、熱中症の注意)
1.新学きがはじまりました (登下校時・学校内の安全など)
2.道ろをわたるとき (道路・踏切の横断)
3.学校でのやくそく (学校内・作業時の安全、誘拐〔防犯〕)
4.あぶないよ (飛び出し・道路での遊び、危険な場所など)
5.雨の日のとう下校 (道路の歩行)
6.自てん車にのるとき (自転車の安全な利用)
7.バスや電車にのるとき (乗り物の安全な利用)
8.さいがいがおこったとき (火災・地震・暴風雨の危険と安全な行動)
9.元気にすごそう (病気の予防など)
10.ものをたいせつに (環境)
11.みんなのためにできること (福祉・ボランティア)
12.楽しい遠足 (学校行事の際の行動)

◆こんなとき,どうする? (防犯、雷・暴風雨・大雪の注意、熱中症・光化学スモッグ)
1.新学期が始まりました (登下校時の安全、病気の予防など)
2.事こやけが (学校内・学校外・家の中での安全、事故発生時の心得・通報)
3.楽しい遠足 (学校行事の際の行動)
4.町の中や道路で (飛び出し・道路の歩行・交通標識など)
5.自転車の乗りかた (自転車の安全な利用)
6.地しんや火事が起きたとき (地震・火災の危険と安全な行動)
7.けんこうな体と生活 (健康診断、病気の予防、けがの手当てなど)
8.あなたの身の回り (教室の換気・明るさ、清掃、環境の清潔など)

◆こんなとき,どうする? (防犯、風水害・火山活動の注意、熱中症・光化学スモッグ)
1.新学期が始まりました (登下校時の安全、病気の予防など)
2.学校でのけが (学校内・作業時の安全)
3.道路はきけんがいっぱい (飛び出し・道路での遊びなど)
4.あなたなら,どうしますか (誘拐〔不審者の声かけ〕、不審電話の注意)
5.交通事こをなくすために (道路標識、とび出し、踏み切りの横断など)
6.自転車の安全な乗りかた (自転車の安全な利用)
7.自動車に気をつけて (自動車の合図・死角・制動・シートベルトなど)
6.さい害が起こったとき (地震・火災の危険と安全な行動)
7.健康な体と生活 (病気の予防、歯の健康、食事と休養など)
8.あなたにもできること (環境の清潔、福祉・ボランティアなど)

◆自分で自分を守る (防犯、防災)
1.新学期が始まりました (登下校時の安全、誘拐などの危険〔防犯〕など)
2.みんなのきまり (人間関係)
3.なくそう 学校での事故 (学校内の安全、事故とけが、応急処置など)
4.遊びのきけんと家の中(学校外・家の中での安全)
5.歩行中の交通事故(とび出し、道路・踏み切りの横断、夜間の歩行など)
6.自転車乗車 (自転車の安全な利用・マナー・点検)
7.交通安全し設と交通規制(交通安全施設、交通規制)
8.自動車の性質 (自動車の制動、死角と内輪差)
9.災害と安全な生活 (火災・地震・暴風雨の危険と安全な行動・対策)
10.健康な体と生活 (食事・休養・睡眠、歯の健康、喫煙・飲酒・薬物の害など)
11.情報を活用しよう (情報)
12.ボランティア活動 (福祉・ボランティア)
13.守ろう地球のかん境 (環境)
14.外国への手紙 (国際理解)

◆自分で自分を守る (防犯、防災)
1.今日から最上級生 (登下校時の安全、健康な生活)
2.みんなのきまりを守る (人間関係)
3.下級生をけがや事故から守る (学校内の安全・設備、応急処置など)
4.自分の身を守ろう (誘拐などの危険〔防犯〕)
5.交通事故を「0」にするために (道路・踏み切りの横断、交通安全施設など)
6.自転車乗車 (自転車の安全な利用・点検)
7.自動車の性質 (自動車の制動、死角と内輪差、シートベルト)
8.災害とその対策 (火災・地震の危険と安全な行動・対策)
9.健康な体と生活 (食事、歯・目・耳・鼻の健康、喫煙・飲酒・薬物の害など)
10.いろいろな文化し設の利用 (情報)
11.外国の人びととの交流を (国際理解)
12.守ろう! 地球のかん境 (環境)
13.たくさんの人とふれあうために (福祉・ボランティア)

Q&A

1地震・火災などの災害時に、児童が安全に行動できるために、どんな指導をすればよいでしょう?

「みんなの安全と生活」は,防災,防犯,交通などの安全教育を中心とした副読本です。特別活動の時間等で,児童に適切な安全指導ができます。
「防災」については,地震,火災,津波,風水害,落雷等の危険についての知識、安全な避難のしかた、防災の備え、災害情報による判断等について,1~6年の学年段階に合わせ理解しやすい内容を掲載しています。

2登下校で不審者に声をかけられた場合など、児童の「防犯」対策について何を指導すればよいでしょう?

登下校時、公園、トイレ、駐車場、エレベーター、帰宅時、留守番時等、児童の生活のさまざまな場面での危険への注意や安全な行動、学校への不審者侵入時の行動、携帯電話やメール,インターネットの危険への注意など、学年段階に応じた防犯指導ができる内容を掲載しています。

3「交通安全」については、どのような指導ができる内容ですか?

「交通安全」では、道路の歩行・横断,自転車の安全な利用,交通事故,交通規制・交通安全施設など、学年段階に応じて、必要なことを理解・定着できる内容です。

4他に、学校内外の児童の安全について、気をつけることは?

学校内(校庭、廊下、階段など)での事故など日常的に気をつけるべきことも掲載しています。また、熱中症・光化学スモッグの注意や保健指導、さらに情報教育、環境教育、福祉・ボランティア活動などの内容も掲載しています。