すべての子どもが必ずできる 体育の基本

定価: 本体1,800円+税

編著者: 髙橋 健夫 / 松本 格之祐 / 尾縣 貢/ 髙木 英樹

 
 
 
走る・泳ぐ・投げる・回る・跳ぶ…必ずできるようになる体育の学び方・教え方
子どもが必ずできるようになる体育の学び方と、先生も保護者も教えられる最もわかりやすい指導法を、最高の編集・執筆陣が紹介。走る、泳ぐ、投げる、...など、小学校体育で最も重要な運動について、運動学研究者の研究・データと学校現場の実践に基づいて開発された最上の指導プログラムを提供します。ビジュアルな、一目でわかる内容です。
目次を閉じる
◆No.01〈速く走る〉短距離走   ◆No.02〈長く走る〉長距離走  
◆No.03〈高く跳ぶ〉走り高跳び  ◆No.04〈遠くへ跳ぶ〉走り幅跳び  
◆No.05〈前や後ろへ回る〉前回り  ◆No.06〈前や後ろへ回る〉後ろ回り
◆No.07〈逆立ちになる〉1.壁逆立ち/2.側方倒立回転  ◆No.08〈鉄棒に上がる〉逆上がり
◆No.09〈鉄棒を回る〉ひざかけ後ろ回り  ◆No.10〈跳び箱を跳ぶ〉1.開脚跳び/2.台上前転
◆No.11〈水にはいる〉水慣れ・浮く・もぐる  ◆No.12〈泳ぐ〉クロール  ◆No.13〈泳ぐ〉平泳ぎ
◆No.14〈投げる〉ボールを投げる  ◆No.15〈打つ〉ボールを打つ  ◆No.16〈受ける〉ボールを受ける(捕る)
◆No.17〈なわを跳ぶ(短なわ)〉二重跳び  ◆No.18〈なわを跳ぶ(長なわ)〉8の字跳び
◆No.19〈遊具で遊ぶ〉遊具  ◆No.20〈一輪車に乗る〉一輪車
速く走る!スイスイ泳ぐ!鉄棒で逆上がり!...必ずできるようになる方法は?
走る!泳ぐ!逆上がりをする!跳び箱を跳ぶ!マットで回る!(前・後ろ・横へ)、ボール運動が上手くなる!...。
さまざまな運動の特徴や、それぞれの場面での正しい動き方、特に大切なポイント、この運動を身に付けるためのコツがわかります!さらに、確実に身に付けられる「練習のしかた」を段階的に掲載しています。
  →誌面の例 "速く走る〔短距離走〕"の「正しい動き方・大切なポイント」「練習のしかた(一部)」
あらゆる運動学習の基本になる「20の運動」とは?
あらゆる運動学習の基礎・基本となる「20の運動」を厳選し、的確な指導プログラムを掲載しています。この20の運動には、「走る」,「跳ぶ」,「マットで回る(前転・後転)」,「逆立ち」,「逆上がり」,「跳び箱を跳ぶ(開脚跳び)」,「なわ跳び」,「ボールを投げる」,「泳ぐ」など、体育の授業で重視されている最も基本的な運動がすべて含まれています。
  →「20の運動」一覧 〔目次より〕
この一冊で、先生にも保護者にも体育の基本が教えられる!もっともわかりやすい指導法を掲載。
掲載された20の運動について、子どもの視点に立ったわかりやすいことばで伝えるアドバイス(ことば掛け)、子どもの動きを見る際のチェックポイントを示しています。また「よくあるつまずきと解決の方法」をタイプ別に示しました。先生にも保護者にも簡単に教えられるように、わかりやすく解説しています。本書は"もっともわかりやすい体育の指導書"です。
  →誌面の例 「アドバイスとチェックポイント」・「よくあるつまずきと解決の方法」
研究・データと学校現場の実践に基づいて開発された指導プログラムです!
本書は、大学の運動学研究者、小学校のベテラン教師、学習指導要領の作成委員、トップ・アスリートの指導者などによって編集・執筆されました。本書の指導プログラムは、運動学やスポーツ教育学のデータに基づいて、また多年にわたる教育実践・指導実践から得られた経験知に基づいて開発された、まさに研究者と実践者のコラボレーションによって生み出されたプログラムです。
  →誌面の例①②③ ・ 編著者紹介
 
 
小学校体育ジャーナル
みんなの体育
子どもが夢中になる!楽しい 運動遊び
家庭科の基本