子どもたちの喜びを第一に考える教師のための教育ジャーナル

明日を担う子どもたちの幸せを第一目標に、教育の今日的課題、教育現場の抱えている課題を現場目線で考え、小学校・中学校での優れた教育実践を紹介し、がんばっている先生方にエールを送る— それが月刊「教育ジャーナル」です。ぜひご購読ください。
B5判・54ページ・定価500円(税抜別)・
毎月1日発売

編集後記

過去のものかと思いきや

久しぶりに近所の公立図書館に行って驚きました。そこでは以前から、書籍以外に、音楽・音声のCD・カセットテープも貸し出しされていたのですが、それらに加えて、LPレコードもディスプレイされていたのです。

音が良いということで新しいアルバム発売時に、アナログ盤としてLPレコードも発売する音楽家や、アナログ盤にこだわるオーディオ愛好家の方がいることは知っていました。レコードの音を聞いたことがなかった若者が、「音を出すまでの手間」などが新鮮で、その過程を楽しんだり、大きなアルバムジャケットをアートとして楽しんだりということもあるようです。

でも、近所の小さな図書館が、新たにコーナーを設けるほど利用希望が広がっているとは思いませんでした。某世界的に有名なグループのアナログ盤のテレビCMも始まりました。

きっと、「音楽を楽しむ」ということの本質を押さえているメディアだから、見直し、再評価されたのでしょう。

自分では、大学を卒業して引っ越すときに捨て去った楽しみ方が再評価されている。懐かしくもうらやましい複雑な思いで、『タイニイ・バブルス』のジャケットを眺めていました。(石)