close

特別支援

多層指導モデルMIM アセスメントと連動した効果的な「読み」の指導

●価格:本体3,000円+税

海津亜希子(独立行政法人国立特別支援総合研究所主任研究員)
杉本陽子 (公立小学校教諭・特別支援教育士)
B5判/192ページ(オールカラー)/CD-ROM付き

多層指導モデルMIMの最大の特長は、すべての子どもたちに効果的指導を隅々まで届けるために一人ひとりを丁寧に見ていくアセスメントです。このアセスメントの結果を最大限に活かし、子どもたちの「読み」のつまずきを改善してきた現場の先生の、実践事例に根ざした指導法を紹介するのが本書です。

Q&A

1「多層指導モデルMIM 読みのアセスメント・指導パッケージ」を一層効果的に活用できる。

「多層指導モデルMIM 読みのアセスメント・指導パッケージ」を実際に活用した実践の中からみえてきた重要なポイントの解説や、質の高い指導・支援の実現のための工夫と実践例について紹介していきます。

2読みのつまずきが深刻化しやすい子の指導法がわかる!

MIMの実践の中で重要課題の1つに、つまずきが深刻化しやすく、より個に特化した学びを必要とする、2ndステージ、3rdステージ指導を要する子どもへの指導があります。そうした子どもへの効果的な指導のあり方について、丁寧に取りあげています。

3校内・自治体全体での組織的な指導のヒントも満載

2ndステージ、3rdステージ指導を行うに際して、通常学級の担任一人では限界があります。そこで学校全体で子どもを支えていくための校内での支援体制をいかに築くかについても具体的な事例を紹介しています。