アセスメントから始める国語 読解力を育む発達支援教材

●価格: 本体18,000円+税

 
 
 
読解に困難を抱える子どものための教材セット
読解のプロセスを分析し、読解の基礎となる力を15の単元に分け、単元ごとにどこでつまずいているのかを見極めるテストと、つまずきを乗り越えるための学習支援教材をワンパッケージに収めている。アセスメント→課題設定→練習実施→実施後の評価→アセスメント→課題設定という流れを持った指導ができる。
(セット内容)読解力アセスメントブック(4冊)・学習支援総合ガイドブック・支援教材カードセット・教材データライブラリー(CDーROM1枚)
目次を閉じる

「読解の基礎となる15の単元」を、4つのレベルにまとめている。

1.言葉の読み書きのレベル(言葉を読み間違える。流暢に読めない)
 ① ひらがな、②特殊音節の読み、③特殊音節の書き
2.言葉の意味理解のレベル(言葉の意味がわからない)
 ④反対語、⑤カテゴリーの言葉、⑥擬音語・擬態語、⑦助詞「は」「を」「へ」
3.文法の理解のレベル(文中の語と語の関係を文法的に理解できない)
 ⑧「だれが」「どうする」⑨「だれが」「だれに」「どうする」、⑩「いつ」「だれが」「どこで」「どうする」
4.文章の理解のレベル
  (文どうしの関係や段落の関係などを理解できない。文脈に合わせて、文章の意味を理解できない)
 ⑪あらすじの理解、⑫相手の気持ちの理解、⑬時間の流れにそった説明文の理解、
 ⑭時間の流れをもたない説明文の理解、⑮理由の理解

読解力アセスメントブック(プレテスト)
読解に困難を抱える子どもが、単元ごとに、どこでつまずいているか、どのようなつまずき方なのかを見極めるためのテスト集。プレテスト①は「言葉や短文の問題」、プレテスト②は「文章問題」になっている。
学習支援総合ガイドブック
アセスメントの仕方、その評価結果に基づく学習支援の展開例をまとめた総合手引書。
プレテストの評価結果をもとに、効果的な支援課題を選択し、教材カードなどを使って支援を行う。
単元別・支援教材カードセット
学習支援総合ガイドブックの支援課題で使われる教材カード。
文字(絵)・単語カード、文・文章カードなど、15の学習支援単元ですぐに使える。
読解力アセスメントブック(ポストテスト)
支援後の成果を確かめるためのテスト集。ポストテスト①は「言葉や短文の問題」、ポストテスト②は「文章問題」になっている。成果が確認できれば次の課題に進み、成果が確認できなければ、類似の課題をくり返す。
 
 
特別支援の算数教材(初級編・中級編・上級編)
多層指導モデルMIM 読みのアセスメント・指導パッケージ
特別支援の国語教材(初級編・中級編・上級編)