close

特別支援

特別支援教育 はじめのいっぽ!

「目の前にいる気になる子」への個別の支援が今すぐ始められる
●価格: 本体3,000円+税

井上賞子 (公立小学校教諭・特別支援教育士)
杉本陽子 (公立小学校教諭・特別支援教育士)
小林倫代 (元独立行政法人国立特別支援総合研究所総括研究員)

子どもの抱える困難の背景に着目した、学級担任のための特別支援教育入門書。支援の実例満載で、授業にどんどん取り入れていける。付属のCD-ROMで即チェック・支援シートを作成し、豊富なデータベースからその子に合った支援のアイデアを選べる。

目次

第1章 わかってほしい、学びにくさのある子どものこと
①はじめに
②いまさら聞けない「特別支援教育」のこと
③うまくやれない、やりかたがわからない...子ども、そして教師も
④気になる子どもの理解
⑤「はじめのいっぽ!」とは

第2章 困難の背景を予想した支援例~「はじめのいっぽ!」を活用して~
①目からの情報処理の困難
②耳からの情報処理の困難
③衝動性の困難
④推し量ることの困難
⑤動きの困難
⑥感覚の困難
⑦算数の授業例~くり下がりのあるひき算~
⑧国語の授業例~助詞「は」「へ」「を」の指導~

第3章 「はじめのいっぽ!」の活用法
①CD-ROMの構成と使い方
②アイデアシートについて(国語、算数、共通、動き、コントロール、周囲との関係)
③ワークシートについて(国語、算数) ◆CD-ROM◆97項目のチェックリストで「困難の背景」を分析⇒個別の支援シートを作成⇒そのこにあったアイデアシートをプリントして指導できる
※対応OS...Microsoft Windows 8.1まで

Q&A

1特別支援教育初心者でも使えますか?

障害に関する学習経験のない方も、目の前にいる「この子」のことは知っています。本書CD-ROMのチェックリストは、97項目について「この子」に当てはまるかどうかにチェックを入れるだけで、「この子」の”困難の背景”が自動分析され、個別の支援シートを作成し、「この子」に合った学習のアイデアシートをプリントできますから、特別支援教育初心者も安心してお使いいただけます。