子どもたちの喜びを第一に考える教師のための教育ジャーナル

明日を担う子どもたちの幸せを第一目標に、教育の今日的課題、教育現場の抱えている課題を現場目線で考え、小学校・中学校での優れた教育実践を紹介し、がんばっている先生方にエールを送る— それが月刊「教育ジャーナル」です。ぜひご購読ください。
B5判・54ページ・定価500円(税抜別)・
毎月1日発売

編集後記

文字にすることで

記事にも書きましたが、次年度予算案の資料に、印象的な一文がありました。国の政策の方向性を受けて、文部科学省はどんなことに取り組んでいくのかを端的に述べた文なのですが、そこには二度も「革命」という言葉が使われました。個人的には、「革命」という言葉には抵抗感がありますが、「言語化」したことで、教育を変えたいという強い思いは伝わりました。

話は変わりますが、次号から、2本の新連載をスタートさせます。1本は、「学級・授業の見方」に関するもの。

例えば、ベテランの先生は、教室の様子をひと目見ただけで、学級の状況や担任の先生の授業力がある程度わかるそうです。そのとき、教室のどこをどんな観点で見ているのか。皆さんにとっては「常識」かもしれません。その常識を、「言語化」して整理し、何かしら学校現場でお役に立てるものにできないかと考えています。もう1本については、次号をお楽しみに。(石)