子どもたちの喜びを第一に考える教師のための教育ジャーナル

明日を担う子どもたちの幸せを第一目標に、教育の今日的課題、教育現場の抱えている課題を現場目線で考え、小学校・中学校での優れた教育実践を紹介し、がんばっている先生方にエールを送る— それが月刊「教育ジャーナル」です。ぜひご購読ください。
B5判・54ページ・定価500円(税抜別)・
毎月1日発売

編集後記

よりお役に立てることを目指して

また新しい年度のスタートです。前号の本欄でも少しふれましたが、今月号から、新たな連載記事を2本スタートさせました。一つは、前号で紹介した学級の見方や授業の見方に関するもの。そしてもう一つは、インクルーシブ教育に関するものです。  地域により多少状況は異なると思いますが、学校にうかがうと、先生方の世代交代により、「若い先生が多いなあ」と感じることが多くなりました。

その結果として、ベテランの先生方が蓄積してこられた指導法や学級経営法などのノウハウを、若手の先生方に伝えることが、年々難しくなってきているというお話を耳にすることも増えてきたように感じます。

そうしたなかで、学校全体で教員の指導力・教育力を高めるためには、管理職の役割が今まで以上に重要度を増すものと思われます。「チーム学校」の考え方もしかりです。

本誌も、「学校現場で役に立つ情報の提供」という点を、今以上に充実させたいと思います。その手始めとして、2本の連載をスタートさせました。本連載について、そのほかについて、ご意見ご要望などをお聞かせください。  

よろしくお願いいたします。 (石)