学研 学校教育ネット

学研 道徳ジャーナル臨時増刊号 道徳科の「みらい」を考える

「次世代を生きる児童生徒の伴走者としてウェルビーイングな社会を目指す」
東京学芸大学 永田繁雄教授と十文字学園女子大学 浅見哲也教授との特別座談会を限定公開!

道徳科の「みらい」について大いに語っていただきました。ぜひご覧ください!

次世代を生きる児童生徒の伴走者としてウェルビーイングな社会を目指す」 東京学芸大学 永田繁雄教授と十文字学園女子大学 浅見哲也教授との特別座談会を限定公開! 

●永田繁雄
(東京学芸大学教授)

静岡県生まれ。東京学芸大学大学院教育学研究科修了後、都内の小学校教諭、文京区教育委員会指導主事を経て、2002年より文部科学省初等中等教育局教科調査官に(道徳教育担当)。2009年より現職となる。中央教育審議会道徳教育専門部会委員、中央教育審議会教員養成部会委員等を歴任。現在、日本道徳教育学会会長、NHK道徳教育番組委員。

●浅見哲也
(十文字学園女子大学教授)

埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業。1990年より埼玉県熊谷市・深谷市で小学校教諭、埼玉県・深谷市教育委員会指導主事、小学校教頭、校長、園長等を務め、2017年より文部科学省初等中等教育局教育課程教科調査官、国立教育政策研究所教育課程研究センター教育課程調査官。2023年より現職となる。日本道徳教育学会理事。NHK道徳教育番組委員。

取材・文/渡辺研 撮影/斉藤秀明(株式会社Gakken) デザイン・イラスト/モドロカ
※この冊子は、一般社団法人教科書協会の「教科書発行者行動規範」に則って作成しています。

◆道徳科の「みらい」を考える➀

画像クリックで本文が読めます。

小学校は2018年度、中学校は2019年度から、道徳が「特別の教科」として、教科化されました。 東京学芸大学教授の永田繁雄先生と前・初等中等教育局教科調査官(道徳)で、十文字学園女子大学教授の浅見哲也先生に、「これからの道徳のみらい」について伺います。第1回は、学習指導要領の実施状況をふまえて、まずは 学校現場の「今」についてお話しいただきました。