close

中学校 保健体育

授業づくりがわかる・できる 保健体育の評価
 ~「指導と評価の一体化」の視点から学習評価を考える~

「どのように評価すればよいのか」、「何を重視すればよいのか」がわかる!
定価:2,200円(本体2,000円+税)

著者:日野 宏

平成29年告示の新しい学習指導要領の趣旨をふまえ、学習評価をすすめるにあたってどのような準備を進めればよいのか、具体的な例をもとに保健体育の学習評価の考え方を解説。4観点から3観点になった評価について、日々の指導計画から評価に至るまでの疑問が解消します。

特別付録はこちら

目次

第1章 基本的な考え方
1. はじめに
2. 学習指導要領改訂で何が変わったか
3. 学習指導と目標に準拠した評価
4. 資質・能力の3つの柱と学習評価
5. 各観点の評価~何を評価するか~

第2章 授業設計と評価の具体的な準備
1. 目標に準拠した評価と授業づくり
2. 評価規準の具体的な取り組み例

第3章 各領域と評価の実際
1. A 体つくり運動
2. B 器械運動
3. C 陸上競技
4. D 水泳
5. E 球技
6. F 武道
7. G ダンス
8. H 体育理論
9. 保健分野の授業づくりと学習評価

特別付録1 ~保健体育ジャーナル108 号より~
学習カードを活用して主体的な学びを引き出す
特別付録2
評価の観点の整理に使えるマトリクステンプレート

特別付録
評価の観点の整理に使えるマトリクステンプレート(パスワードは裏表紙右下にある10桁のコードをご入力ください)

Q&A

1どんな内容が載っていますか?

本書は、大きく3章で構成されています。第1章では、学習指導要領の改訂で変わるもの、変わらないものなどを解説し、基本的な考え方をまとめています。第2章では、目標設定と目標に準拠した評価の手順、年間指導計画を作成する際の留意点など、指導計画にかかわる具体的な準備についてまとめています。第3章では、領域ごとに実際の授業づくりや評価について、単元計画例や評価計画例を示し、各観点の評価項目例を紹介しています。また、巻末には学習カードの具体的な活用例も紹介しています。

2各観点のマトリクスとは何ですか?

「思考・判断・表現」や「主体的に学習に取り組む態度」など、評価が難しい観点について、単元ごとに評価の視点が定まるように作成しておく表です。ここでは、各観点ごと、各領域ごとに、横軸に評価規準、縦軸に評価項目を設定し、それぞれ○や◎などでチェックすることで、全体をイメージしやすくなります。具体的なマトリクスを作成しておけば、学習カードの作成などにも活用できます。

3指導計画についてはどのように取り上げていますか?

生徒の資質・能力の育成を目的とした授業では、目標群や学習評価だけでなく、教材配列、指導時間、学習内容などさまざまな要素を考えながら計画的に授業設計する必要があります。本書では、それぞれの要素について、工夫すべきポイントを示しながら、年間指導計画を作成する際の留意点と、年間指導計画例を紹介しています。

4男女共習について触れていますか?

各領域での評価のところで、水泳での男女共習の工夫、見学生徒の学習参加の仕方と評価について紹介しています。

関連商品